秘部痺れ Hibushibire official web site

秘部痺れ
ライブ予定
■4/14(土)
神戸HELLUVA LOUNGE

出演:
FEEDBACK DAUGHTER / 秘部痺れ / 太陽 / 虻蜂とらず

Open 18:30 / Start 19:00
adv\1,500 / Door\1,800
■4/27(金)~5/6(日)
UKツアー

April
28th Manchester / The Eagle Inn
29th York / The Fulford Arms

May
3rd Birmingham / Hare and Hounds
4th Nottingham / JT Soar
5th Newcastle / Head Of Steam
6th London / Sebright Arms


■5/12(土)
神戸HELLUVA LOUNGE

秘部痺れ・ぐうたら狂 イギリス・アメリカツアー凱旋LIVE × SPARXANN BOYS スリーマン!!

出演:
秘部痺れ / ぐうたら狂 / SPARXANN BOYS

Open 18:30 / Start 19:00
adv\1,500 / Door\1,800

■5/25(金)
神戸HELLUVA LOUNGE

Black Soul Woman Tour

出演:
FLOATERS (神奈川) / khola cosmica (東京) / Veritas Conc.75 (神奈川) / 秘部痺れ

Open 18:30 / Start 19:00
adv\1,500 / Door\1,800

■6/12(火)
大阪緑橋戦国大統領

出演:
秘部痺れ / 他



リリース
■Freak Out Orgasm!
・アルバム LP(2017)
レーベル:Riot Season
www.riotseason.com/

「Freak Out Orgasm!」は秘部痺れの結成4年目にして初のスタジオフルアルバムであり、その荒々しいサイケデリックグルーブが如何なく詰め込まれた、バンドにとっての正に名刺的なアルバムである。
本作はAcid Mothers Templeの河端一をプロデューサーとして迎え、レコーディングはバンドがホームグラウンドとしている神戸のライブハウス Helluva Loungeにてたった1日でベーシック録りが行われた。
その後オーバーダブパート録音を経て、河端の自宅スタジオにてミックス作業が行われた。
収録されている曲は全て既にライブで何度も演奏されていたものだが、ズルナ、サントゥールといった民族楽器や、シンセサイザーの電子音を取り入れ、よりサイケ感が増した上に、河端のプロデュースにより更に過剰な方向へと変化を遂げることとなった。
正統派ハードサイケサウンドで攻める本作は、ハードロックファン、ギターフリークスにとっては一聴の価値があるだろう。

尚、リリース元であるRiot Seasonのホームであるイギリスでは、初回プレスが発売日を待たず予約のみで完売という快挙を成し遂げ、現地ロックファンの間でも話題のアルバムとなっている模様。


ライブ会場にて絶賛販売中!
\2,500
■Freak Out Orgasm!
・アルバム CD(2017)

ライブ会場にて絶賛販売中!
\1,500
秘部痺れプロフィール
秘部痺れ(Hibushibire) LtoR 821(Ba) Changchang(Gu/Vo) Ryu Matsumoto(Ds)

2012年にギタリストのChangchangとベースの821を中心に結成。神戸/大阪を中心に精力的にライブ活動を行う。
その音楽性は、60年代中期のハードサイケを土台とし、エスニック要素、ドローン、その他数々のサイケ要素をぶちこんで徹底的にサイケデリックグルーブを追及している。
結成当初はツインギタースタイルの4人編成であったが、数度のメンバーチェンジを経て2015年に現在のトリオラインナップとなる。
そのメンバーは、速弾きサイケギタースタイルを得意とし、脅威の手数によりほぼ全編をフレーズで弾ききる、サイケ貴公子ことChangchang(Gu/Vo)、縦横無尽に動き回るベースラインでサイケグルーブの根底をささえつつ隙があればフレーズを弾きたおす、所謂リードベーシストの821(ハニィ/Ba/Cho)、そして、複雑なフレーズをものともせず、タイトかつスピーディーに、時には歌うようにメロディアスなリズムを炸裂させる技巧派ドラマーのRyu Matsumoto(Ds)の3人。
メンバー各々のその音楽キャリアに伴った確固としたバックグラウンドと確かなテクニックにより作られるそのバンドサウンドは、所謂ストーナーサイケやヒッピーサイケとは一線を画し、インタープレイの応酬によってアグレッシブかつスリリングに、聴く者の感覚をぶっ飛ばす。
また、メンバー全員が敬愛するAcid Mothers Templeの超絶ギタリスト河端一より「次世代サイケロックバンドの新鋭」と評されている。

Hibushibire is a Japanese hard psychedelic freak out rock band.
The band was formed by guitarist Chang chang and bassist 821 as a improvisation jam rock band in 2012, and the line-up had the present member in 2015 via several times of member change.
The present menbers are Chang chang(freak out guitar/Vocal) who makes shred guitar his strong point and is given the nickname Psychedelic young nobleman, 821(reads Hani/freak out Bass/Chorus) who is playing an active part by various bands, and Ryu_Matsumoto(freak out Drums) who play with a large number of domestic and foreign musicians as improvisation drummer.
The band which consists of a member with many carriers, and their musical style changed to hard psychedelic rock accompanied by several times of members change.
The large portion of the Hibushibire's musicality is influenced by Acid Mothers Temple, 60's Hard rock, 70's Progressive rock and additionally various psychedelic music, and they are pursuing orisinal music committed to be ROCK and PSYCHEDELIC.
Hibushibire is called Advance party of a next generation psychedelic rock band by Kawabata Makoto(Acid Mothers Temple).
By the way, a band name "Hibushibire" is Japanese old pornoslang which is meaning as freak out orgasum.
Let's Rock!!

A list of bands/musician who influence Hibushibire.
AcidMothersTemple / High Rise / Mainliner / Niplets / AREA / Atomic Rooster / Blue Cheer / Cacutus / Captain Beefheart / Cold Sun / Comets On Fire / Deep Purple / Frank Zappa / Funkadelic / Gong / Grand Funk Railroad / Greteful Dead / Hawkwind / High Tide / John Frusciante / King Crimson / Led Zeppelin / Lynyrd Skynyrd / Mountain / Pink Floyd / Quicksilver Messenger Service / Sun City Girls / Seven That Spells / Sir Load Baltimore / Spooky Tooth / Taste / Tommy Bolin / Trad Gras Och Stenar / Ash Ra Tempel / CAN / Black sabbath / Eisaku Kimura(Boss of HELLUVA LOUNGE the most exciting venue in Japan!!)